ベタの飼い方|熱帯魚ベタの繁殖と飼育

ベタの飼い方と繁殖についてご紹介しております。ベタの正式な名前は「ベタ・スプレンデンス」といいます。ベタは「コップで飼える熱帯魚」として大人気です。実はベタは「闘魚」つまり闘う魚とも呼ばれていて、例えばオス2匹を同じ水槽に入れてしまうと、どちらかが死ぬまで闘うという習性をもつ熱帯魚なんです。このブログでは、ベタの飼い方や混泳、餌や繁殖・病気、飼う時の水槽・ヒーター、ベタの種類、オークション・通販についてご説明します。
 
スポンサーリンク

メスのベタ

メスベタについてご紹介します。

まずベタのオスですが、ヒレが大きくて優雅な感じ、これぞベタ!という感じです。

しかしメスは、見た目はとっても地味なのです。

ですからペットショップでは、観賞価値の高いオスだけしか取り扱っていない場合もあります。

ベタのオスはヒレが長くて体が大きい、メスはヒレが短くて体が小さいのが特徴です。

メスはオスほどは闘争性が強くないので、多少ヒレが傷つくかもしれませんが、ひとつの水槽に何匹か入れて飼う事(混泳)ができます。

しかし、間違える方が多いようですが、原則的にベタはオスとメスを一緒の水槽で飼うことはできません。

オスのいる水槽にメスを入れてしまうと、オスはメスを縄張りを侵しに来た敵だと判断します。そして、最悪の場合、メスを殺してしまいます。

しかし、メスがいなければ産卵はあり得ません。

もしベタを繁殖させたいのであれば、まずショップでベタのメスを購入しましょう。

ベタのオスは一年中売られていますが、メスはシーズンのみ販売されている場合が多いようです。

メスを見つけたら、なるべく大きくて、お腹が膨らんでいる個体を選びましょう。
タグ:メス ベタ
posted by betta at 07:55 | 闘魚・混泳・メス
スポンサーリンク
襖(ふすま)の張り替え神棚の設置と祀り方ダッチオーブンの使い方カメレオンの飼育方法クリオネの飼育の方法全国のテーラーリンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。