ベタの飼い方|熱帯魚ベタの繁殖と飼育

ベタの飼い方と繁殖についてご紹介しております。ベタの正式な名前は「ベタ・スプレンデンス」といいます。ベタは「コップで飼える熱帯魚」として大人気です。実はベタは「闘魚」つまり闘う魚とも呼ばれていて、例えばオス2匹を同じ水槽に入れてしまうと、どちらかが死ぬまで闘うという習性をもつ熱帯魚なんです。このブログでは、ベタの飼い方や混泳、餌や繁殖・病気、飼う時の水槽・ヒーター、ベタの種類、オークション・通販についてご説明します。
 
スポンサーリンク

ベタを繁殖させるには

ベタを繁殖させるには、当然ですが、オスとメスのベタが必要です。

ところが、元気の良いメスを買うことは意外と困難です。なぜなら、健康状態が悪いメスが売られている事が多いからです。中にはすでに病気にかかっているようなものもいます。とにかく、買うときはに、状態を良く確認してから買うようにしましょう。

メスを買うときのポイントは、お腹に小さな白い突起があるのが産卵できるベタのメスです。ちなみにこの突起は卵です。

オスとメスが手に入ったら、水槽やプラケースに入れます。しかし、いきなりオスとメスを狭いプラケースなどに入れると、メスがオスに攻撃されて殺される事もあります。ですから最初は別々に飼います。

水槽に、メスの隠れ家になるウイローモス(水槽用水性ゴケ)を入れます。オスは、ヒレが邪魔してウイローモスには入れません。まず、この水槽にオスを入れて、オスが泡巣を作るのを待ちます。水槽に、浮き草(アマゾン・フロッグピットなど)や、ウオータスプライトの葉などを浮かべます。オスが作った細かい泡巣の泡がこんもりとしてくればOKです。

オスの泡巣ができたら、別の水槽で飼っていたメスを、ウイローモスの入っているオスの水槽に入れます。ここからは、メスの状態を良く観察するようにしてください。もしメスがオスにしつこく攻撃されるようでしたら、一旦別の水槽に戻して、またしばらくしてからメスをオスの水槽に入れてみて下さい。

ベタのオスがメスを気に入れば、メスはオスの泡巣の下へ誘われます。そしてメスはお腹を水面の方に向けて、オスが長いヒレでメスを抱くような体勢になります。

メスが産卵します。メスが次々と産んだ卵を、オスが口でくわえて次々と泡巣へと運びます。オスはこの作業を何度も何度も繰り返します。メスの産卵が終了したら、メスを取り出して別の水槽に移します。

受精した卵は、2日くらいで孵化します。稚魚は、しばらく泡巣にぶら下がっています。ベタは、オスの方が献身的に子育てをします。稚魚が泳ぎ出すようになったら、オスを別の水槽に移して稚魚だけにした方が、飼育しやすいようです。
タグ:繁殖 ベタ
posted by betta at 06:35 | 飼い方・餌・繁殖・病気
スポンサーリンク
襖(ふすま)の張り替え神棚の設置と祀り方ダッチオーブンの使い方カメレオンの飼育方法クリオネの飼育の方法全国のテーラーリンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。