ベタの飼い方|熱帯魚ベタの繁殖と飼育

ベタの飼い方と繁殖についてご紹介しております。ベタの正式な名前は「ベタ・スプレンデンス」といいます。ベタは「コップで飼える熱帯魚」として大人気です。実はベタは「闘魚」つまり闘う魚とも呼ばれていて、例えばオス2匹を同じ水槽に入れてしまうと、どちらかが死ぬまで闘うという習性をもつ熱帯魚なんです。このブログでは、ベタの飼い方や混泳、餌や繁殖・病気、飼う時の水槽・ヒーター、ベタの種類、オークション・通販についてご説明します。
 
スポンサーリンク

ショーベタ(Show Betta)はコンテスト用の熱帯魚

ショーベタは、コンテストやショーに出展できる品質のベタのことをいいます。ショーベタという品種の熱帯魚がいるわけではありません。学名は、Betta splendensです。

ショーベタ(ショウベタ)は、英語ではSHOW BETTAと書きます。ショウクオリティベタ(show quality betta)の略です。

ショーベタは、ベタの改良品種です。東南アジアに生息するベタ・スプレンデスを、長い時間かけてコンテストやショー用に改良された熱帯魚です。

改良をしていく中で、まず、ベタの闘争性を強化したプラガットが誕生しました。プラガットは闘魚とも呼ばれています。

次に、ヒレを長く大きくしていったトラディショナルベタが誕生しました。ショップなどでよく売られているベタは、このトラディショナルベタが多いようです。

そして、トラディショナルベタにさらに改良を加えていき、ショーベタが誕生しました。

その後80年代には、尾ヒレ放射状に広がるショーベタ「デルタテールベタ」が誕生しました。そして、これをさらに改良し、ショーベタ「スーパーデルタ」が誕生しました。現在は、このスーパーデルタもよくショップなどに出回っています。

さらに90年代に入ると、尾ヒレが180度に開くショーベタ「ハーフムーンデルタ」が誕生しました。
スポンサーリンク
襖(ふすま)の張り替え神棚の設置と祀り方ダッチオーブンの使い方カメレオンの飼育方法クリオネの飼育の方法全国のテーラーリンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。