ベタの飼い方|熱帯魚ベタの繁殖と飼育

ベタの飼い方と繁殖についてご紹介しております。ベタの正式な名前は「ベタ・スプレンデンス」といいます。ベタは「コップで飼える熱帯魚」として大人気です。実はベタは「闘魚」つまり闘う魚とも呼ばれていて、例えばオス2匹を同じ水槽に入れてしまうと、どちらかが死ぬまで闘うという習性をもつ熱帯魚なんです。このブログでは、ベタの飼い方や混泳、餌や繁殖・病気、飼う時の水槽・ヒーター、ベタの種類、オークション・通販についてご説明します。
 
スポンサーリンク

ベタの混泳は可能ですか?

ベタ同士の混泳は、基本的にはできません。オスとオス、オスとメス、メスとメス、いずれの混泳もできません。

ただし、繁殖の時期の産卵のときのみ、メスとオスの混泳は可能です。というより、混泳させなければベタの子孫は残りません。このときの水槽は、狭すぎてはいけません。最低でも30cm以上のサイズが必要です。

しかし、繁殖の時期のメスとオスとの混泳は、相性が合っている同士であることが条件です。そのために、まず相性が良いかどうかを確かめる必要があります。

確かめるためには、ベタのオスとメスを別々の水槽に入れて、その2つの水槽をくっ付けてみます。

繁殖の時期に入ったオスは、泡の巣を水面に出します。近くにいるメスとの相性が良ければ、オスが出す泡の巣の量が一気に増えます。これが相性が合っているかどうかを確認する方法です。

相性が合っていることが確認できたメスとオスを混泳させても、メスがオスに追いかけられたり傷つけられる可能性はゼロではありません。ですから、メスがいつでも隠れられるような場所を、あらかじめ作っておく必要があります。

もし、メスがオスに追いかけられたり、ヒレを噛まれてしまっている場合は、すぐにメスを別の水槽に移してください。そしてしばらく様子を見てから、また相性の確認をしてください。
タグ:混泳 ベタ
posted by betta at 20:05 | 闘魚・混泳・メス
スポンサーリンク
襖(ふすま)の張り替え神棚の設置と祀り方ダッチオーブンの使い方カメレオンの飼育方法クリオネの飼育の方法全国のテーラーリンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。