ベタの飼い方|熱帯魚ベタの繁殖と飼育

ベタの飼い方と繁殖についてご紹介しております。ベタの正式な名前は「ベタ・スプレンデンス」といいます。ベタは「コップで飼える熱帯魚」として大人気です。実はベタは「闘魚」つまり闘う魚とも呼ばれていて、例えばオス2匹を同じ水槽に入れてしまうと、どちらかが死ぬまで闘うという習性をもつ熱帯魚なんです。このブログでは、ベタの飼い方や混泳、餌や繁殖・病気、飼う時の水槽・ヒーター、ベタの種類、オークション・通販についてご説明します。
 
スポンサーリンク

ベタの種類

ベタの種類は、大きく分けると以下の4つです。


(1)ワイルドベタ

「ワイルド=野生」のベタです。その姿は、派手なものから地味なものまで、種類は多種多様です。プラガットやショーベタなどの改良された種類とは違って、色や模様は自然の熱帯魚らしい姿です。価格は様々で、数千円程度の場合が多いようです。


(2)プラガットベタ

闘魚として改良された種類のベタです。他のベタよりヒレが短いです。


(3)トラディショナルベタ

トラディショナルベタは、一般的によく販売されています。プラガットを改良した種類で、体の発色が良くなっています。価格は様々で、300〜700円程度の場合が多いようです。


(4)ショーベタ

品質改良を重ねた種類で、見た目の美しさが売りのベタです。ヒレが大きく扇状に広がり、色調も発色が良く、より豪華で優雅な姿です。価格は様々ですが、1万〜2万円位と高価です。
タグ:種類 ベタ
スポンサーリンク
襖(ふすま)の張り替え神棚の設置と祀り方ダッチオーブンの使い方カメレオンの飼育方法クリオネの飼育の方法全国のテーラーリンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。